banner

そもそも青汁とは

健康食品の中でも、CMや雑誌などの広告ですっかりおなじみの青汁。その名前といい色といい体に良いとは分かっているけれど、なかなか始められない、続けられないものの一つではないでしょうか。「いったい青汁は何でできているの?」「なぜ青汁を飲んだ方がいいの?」という疑問にお応えします。
辞書によると、青汁とは「生の緑葉野菜をしぼった汁」とありますので、原料の指定は特にありません。現在販売されている青汁は、大麦若葉、ケール、明日葉などを原料としているものが多いですね。ポイントは、「生」であること。なぜなら、生の野菜にはビタミン、ミネラルなどの高い栄養素が含まれていますが、加熱されるとこの栄養素が壊れて減ってしまうからです。
成人は1日350g以上の野菜を摂取することが理想と言われます。しかし、これだけの野菜を毎日食べるのは大変で、ほとんどの人は慢性的な野菜不足にあるのです。外食のとき意識して野菜サラダを食べている若い女性がいますが、これだけでは到底理想の量を満たすことはできません。野菜不足は健康面での影響が懸念されており、生活習慣病の一因とも言われていますので、何とか解消したいものです。だからこそ、青汁のパワーが注目されているのでしょう。

コンテンツの続きはコチラ

緑色なのに青汁?

詳しく見る

青汁にはどんな効果があるのか

詳しく見る

そもそも青汁とは

詳しく見る

Copyright(c) 青汁でより健康に、より美しく. All Rights Reserved.