banner

青汁の原料〜よもぎ〜

青汁にはよもぎが原料として使われているものもあります。よもぎは、日本各地に自生しているキク科の多年草で、その葉は食用にすることができます。例えば、草餅の香りと緑色はよもぎの葉によるものなのです。
よもぎは美容や健康に良いハーブであり、効能や栄養価の高さから生薬としても使われます。よもぎには、ほうれん草の10倍もの食物繊維が含まれ、クロロフィルと呼ばれる葉緑素も豊富で、 これらの成分がデトックス効果や血中コレステロールの低下を促してくれます。さらに、有機ゲルマニウムが代謝を促進し、鉄分が貧血改善、疲労回復の効果につながるなど、様々な可能性を秘めた植物ということができます。つまり、よもぎが含まれた青汁は美容にも健康にも効果が期待できるのです。
そして驚いたことに、よもぎの味や香りには沈静作用があるそうです。そういえば、よもぎの成分が入った入浴剤もありますが、かなりリラックスできますね。私たち日本人にとって、よもぎは「美味しそうな香り」であるだけではなく、ホッとできる香りなのですね。
よもぎを原料にした青汁は、風味が良く、飲みやすく、飲むことでリラックスできるというお得感があります。ラヴィータ青汁「ラヴィグリーン」などによもぎが含まれています。香りを楽しむ青汁があるのもうれしいですね。

Copyright(c) 青汁でより健康に、より美しく. All Rights Reserved.