banner

青汁の原料〜緑茶〜

青汁には緑茶が原料に使われているものもあります。もちろん緑茶だけを原料にすると「お茶」そのものになりますから、他の原料とブレンドした青汁ということです。
青汁に緑茶をブレンドするのは、より栄養価を高めたり効果の幅を広げたりするためですが、同時に風味を良くして飲みやすくする狙いもあるようです。
緑茶にはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やフラボノイド、食物繊維などが含まれていて、美肌効果や便秘解消など美容と健康の両方に効果があるといわれています。また、カテキンという成分は強い抗酸化作用を持ち、体脂肪を減少させる効果があるそうです。
緑茶のカテキンやカフェインは独特の苦みや渋みがありますが、その他にうまみ成分も含まれているため、たんなる「苦い、まずい」にはなりません。奥の深い渋みやコクは日本人好みです。また、緑茶にはリラックス効果があることはうれしいですね。
緑茶をブレンドした青汁に、ラヴィータ青汁「ラヴィグリーン」や陽だまりのしあわせ青汁があります。
お茶の香り漂う青汁をお茶感覚で飲むことは、長く続けるための秘訣になるかもしれません。和菓子と一緒にホット青汁を飲むなんて、おしゃれなひと時になることでしょう。

Copyright(c) 青汁でより健康に、より美しく. All Rights Reserved.